リンダキューブ(PCエンジン)

【発売日】 1995年10月13日
【発売元】 NECホームエレクトロニクス
【開発元】 アルファ・システム
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”リンダキューブ PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1995年10月13日にNECホームエレクトロニクスより発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用コンピュータゲーム及びその他機種への移植を含めたシリーズである。

ジャンルは公式サイトにおいて「サイコスリラー+ハンティングRPG」と表記され、一般にはロールプレイングゲームに分類される。

ゲームデザインは桝田省治、キャラクターデザインはカナビス、開発は株式会社アルファ・システム。

ゲーム誌『電撃PCエンジン』(メディアワークス)誌上でモンスターデザインが公募され、一部ゲーム内で採用されている。

一言で表すと「時間制限つき、動く宝捜しゲーム」。

具体的には8年という制限時間の中で、全120種類に及ぶ動物(現実の動物とは異なる、所謂モンスター)を収集する事がゲームの目的である。

動物は基本的に戦闘で倒す事で捕獲するが、一撃で敵の最大HPを大きく上回るダメージを与えると体が飛び散ってしまい、その場合は捕獲とならない。

強過ぎても弱過ぎてもいけないという、強さのバランスを考慮する必要がある。

更に動物は全種類オスとメスが存在し、つがいで捕獲しなければならない。

各動物は一種類につき雌雄一匹ずつ登録する必要がある。

動物は種類や性別によって出現条件や捕獲方法も多種多様であり、プレイヤーは試行錯誤を重ねる事となる。

ケン・チャレンジャー  声 – 矢尾一樹

リンダ  声 – 高山みなみ

ベン・マクドナルド  声 – 内海賢二

ミーム・チャレンジャー  声 – 青木和代

ジーン・チャレンジャー  声 – 石井康嗣

ヒューム・バーニング  声 – 神谷明

アン・バーニング  声 – 増山江威子

長老  声 – 辻親八

エリザベス・グリーン  声 – くればやしたくみ

ミカ・パンハイム博士  声 – 辻親八

ヤタロウ・エモリ博士  声 – 青野武

サチコ・エモリ  声 – 佐久間レイ

ネク  声 – 矢尾一樹

ゴメス  声 – 石井康嗣

スマイリー  声 – 一条和矢

ジョージ・カマー  声 – 北沢洋

記事の引用元はここをクリック

リンダキューブ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リンダキューブ(最新無料動画はここをクリック)】