将棋入門(スーパーカセットビジョン)

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーカセットビジョン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1985年発売。

キャッチフレーズは「対局 本将棋」。

本将棋を扱った、入門用の将棋ゲーム。

当初はNo.23のパッケージで発表されたが、発売はNo.20(スーパーサンスーピューター)の次だった。

一方、前々から発売予定とされていたBASICの発売がNo.22(ドラえもん)よりも遅れたことで、長い間No.21が欠番になる事態となった。

結果的に『将棋入門』のパッケージはNo.21に変更され、BASICは後にNo.23として発売された。

コンピュータ (COM) 相手の1人用ゲームで、2基のコントローラの区別は無く、どちらでも操作が可能。

五番勝負で、先に3勝すれば勝ち。

平手のほか、駒落ちの設定が豊富であり、プレイヤーかコンピュータの片方に対して飛車・角行の片方もしくは両方落ちが設定できるほか、飛車角行落ちに加えて香車落ち、香車桂馬落ちも選択できることで幅広いレベルに対応する。

セレクト12キー(テンキー)の「0」で一手戻す「待った」機能も搭載する。

「9」キーではプレイヤーの投了となる。

制限時間あり (PRO)・なし (AMA) のレベル選択があり、PROの場合は持ち時間が3分間。

持ち時間を使い切ったら一手あたり20秒の制限が課せられる。

COMの思考中はマシンパワーを占有するため、COMの手番ではポーズボタンが利かない仕様となっている。

成る・成らないの選択は可能。

しかし、打ち歩詰め禁止・千日手・持将棋などの判定は無い。

記事の引用元はここをクリック

将棋入門(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【将棋入門(最新無料動画はここをクリック)】