乱闘プロレス(スーパーカセットビジョン)

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーカセットビジョン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年発売。

キャッチフレーズは「家庭のTVが四角いジャングルになった!!」。

シングルマッチ・タッグマッチがあるプロレスゲーム。

音声合成あり。

2つのボタン(足技・手技)とレバー操作により、様々な技を繰り出すことができる。

相手との絡み方などの状況次第で技が変化し、特に相手の後ろを取るなどすると大技を決めてフォールのチャンスとなる。

フォールは3カウントの抑え込みで勝利。

抵抗するには、いわゆる連射の代わりにレバーを左右に素早く回転させるという、SCVのコントローラの特性を生かした方法で行われる。

リングアウトは20カウントで、1カウントおきにレフリーが”Hurry up!”と叫ぶ。

コンピュータ相手のゲームでは日本戦・アジア戦・世界戦のタイトルが用意されており、それにつれ難易度も上がる。

8人の選手から選択してプレーできる。

アントニー

マジソン

イシン

ジャイアン

オルセン

記事の引用元はここをクリック

乱闘プロレス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【乱闘プロレス(最新無料動画はここをクリック)】