テニス(ディスクシステム)

【発売日】 1986年2月21日
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂、岩崎技研工業
【価格】 2,500円
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 テニスゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”テニス ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ベースボール』『サッカー』『ゴルフ』と並ぶFC初期のスポーツゲーム。もちろん、FC初のテニスゲームである。

日本でテニスの試合そのものを初めてゲーム化した作品である。

6ゲームで1セット、2セット獲得した方が勝者となる。

「シングルス」と「ダブルス」が選択できるが、「ダブルス」は2人協力プレイであり、プレイヤー同士の対戦はできない。

プレイレベルは5段階。

難易度が高いほど球のスピードが早くなり、ミスも少なくなる。

ボールをラケットに当てる場所とタイミングによって、方向が変えられる。

ちゃんとしたルールのテニスをプレイできる。

当たり前のような事だが、それまでの家庭でできるテニスゲームと言えば、『ポン』系統のエアホッケーのようなゲームくらいだった。

ボールも、スマッシュとロブの打ち分けができる。

従来のゲームと違い、単にボールを打ち返すだけではない点が、プレイの幅を広げた。

BGMがないので盛り上がりに欠ける。

ファミコンの最初期のゲームなので、やむを得ない面もある。

それまでのゲームと一線を画した、テニスゲームの元祖として非常に完成度の高い作品だといえる。

記事の引用元はここをクリック

テニス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【テニス(最新無料動画はここをクリック)】