バレーボール(ディスクシステム)

【発売日】 1986年7月21日
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂、パックスソフトニカ
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 バレーボールゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”バレーボール ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年7月21日に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム(ディスクシステム)用ゲームソフトである。

各ゲーム雑誌の告知でロムカセット版の発売予定もあったがこちらは発売中止となっている。

タイトル通り、バレーボールをプレイし勝敗を競う。

ファミリーコンピュータ初のバレーボールゲームで、1人用プレイでは日本のチームを操り世界の強豪チームと戦う(海外製NESカセット版ではアメリカのチームが主人公になる)。

なお、登場するキャラクターは男子と女子の選択であるが、宣伝のチラシなどでは女子のイラストが前面に押し出されていた。

なお、男子リーグでは女子リーグより球のスピードが速い。

登場チームは日本も含めた8ヶ国で、1986年当時のゲームのため現在では存在しないソ連が参加している。

参加国は日本、韓国、中国、アメリカ、ソ連、ブラジル、キューバ、チュニジアである。

ディスクライターでの累計書き換え回数は第2位を記録する。

バレーボールのルールは基本的には大きく変更はないが、発売当初からルールがいくつか変更されているため、現在から見れば同じバレーボールでも別物となっている。

記事の引用元はここをクリック

バレーボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バレーボール(最新無料動画はここをクリック)】