銀河伝承(ディスクシステム)

【発売日】 1986年11月6日
【発売元】 イマジニア
【開発元】 アトラス
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションシューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”銀河伝承 ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年11月6日にイマジニアから発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム用のゲーム。

イマジニアのファミリーコンピュータ用ゲーム第1弾。

いち早くメディアミックスの手法を取り入れたWAVE JACKシリーズの第1作でもある。

強制無限縦スクロールSTGの宇宙ステージ、惑星に下りてからは主人公が謎を解明していく縦スクロールアクションSTGで構成されている。

『スーパースターフォース』(1986年)に類似したシューティングゲームと『ゼルダの伝説』を模倣したようなアクションロールプレイングゲームの組み合わせの体裁をとるが、こうした「謎解き系シューティング」は当時のちょっとした流行であった。

しかし作りこみが甘くバグが大量にあったために、購入してすぐに他のゲームに書き換えてしまうプレイヤーも多かった(当時の実売価格5000円ほどとディスクシステムのソフトとしては非常に高価だった為、発売から数年経過しての事と思われる)。

本作『銀河伝承』から始まるWAVE JACKシリーズは、受け身だったプレイヤーに対し「自分で考えて謎を解くこと」を提起したといえる。

しかし不親切さが前面に出てしまったことと、購買層を絞りきれなかったことが要因となり売り上げの不振を招き、3作品で幕を下ろすことになった。

記事の引用元はここをクリック

銀河伝承(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【銀河伝承(最新無料動画はここをクリック)】