消えたプリンセス(ディスクシステム)

【発売日】 1986年12月20日
【発売元】 イマジニア
【開発元】 イマジニア
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”消えたプリンセス ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年12月20日にイマジニアから発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム用のゲーム。

メディアミックスの手法を取り入れたWAVE JACKシリーズの第2作。

RPG型アドベンチャーゲームである。

富田靖子がイメージキャラクターを務めた。

主人公の刑事・小林もんたは、「いのしか町」「あげは町」など5つの街を行き来して情報を集めるのだが、ほぼ全ての家、施設に入ることができるという当時としては斬新なシステムを採用していた。

自由度が高いのも特徴で、レストランでバイトをしたり、道場で体を鍛えてみたり、マツタケ狩りをして荒稼ぎをしたりと、王女探しをしなくても十分楽しむことができる。

また、時間の概念が取り入れられており、昼と夜とでは街の表情が変わる。

夜になるとなぜかギャングに路上で発砲されたりと危険極まりない状態になるが、こちらも拳銃で撃退することができる。

ちなみに一般市民を撃ち殺すこともできるが、10人以上射殺して交番もしくは警察署に行くと罰金を取られ、スタート地点に戻される。

なお、ライフゲージが0になったり、ゲーム内の時間で30日が経過するとゲームオーバーになる。

ゲームを進める上でのフラグ立ては難解きわまるものが多く、ヒントも多いとはいえなかった。

中でも名高いのは、「じゅうじか、ごごごご、やっほー」というヒントだけで、ある街の十字路で深夜に野宿をするとキーアイテムがもらえるという謎解き。

一応刑事が主人公とはいえ、推理力を働かせるような場面は一度もない。

また、一部横スクロールの「シューティング面」がある。

記事の引用元はここをクリック

消えたプリンセス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【消えたプリンセス(最新無料動画はここをクリック)】