エスパードリーム(ディスクシステム)

【発売日】 1987年2月20日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【価格】 2,980円
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エスパードリーム ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミのファミコンディスクシステム用ゲーム4作目。

超能力を持つ少年がおとぎの国のような世界を邪悪な一族から救うために戦う。

穏やかでメルヘンチックな世界観と山下絹代作曲のBGMがマッチしていて印象深い。

ゲームは村の中やフィールド上のような、敵と接触していない状態の「アドベンチャーモード」と戦闘中の「バトルモード」で構成されている。

5つのワールドとそれぞれにある5つの村を移動しながら冒険を進めていく。

ゲームは「レンガ村」の村長の家の前からスタートする。

村長の家ではスタート時に「ここはあなたの読んでいた本の世界」と聞かされる。

そこでアリス救出の依頼と共に2つの秘宝と5つのミラクルカプセルを集めるように指示を受ける。

本作は難しいと言う人もよく見かけるが、アクションゲームのノリで武器メインで突っ走りがちに進めるのではなく、RPGと捉えてしっかりレベル上げと装備固めを進めていけば終盤までそれほど苦戦することはない。

特にエスパービームの強化と強い防具を入手するのが重要で、そこを優先すればかなり楽になる。

ディスクシステム専用で長年移植もされなかったため比較的マイナーなゲームであり、システム面やバランス面で少々難はあるが、ゲームを遊ぶ上では気にしなくても済む程度であり、全体的には丁寧に纏まった仕上がりで気軽に楽しめる。

メルヘンチックな雰囲気、印象に残る曲など、ゲームに詳しくない人にも勧めやすく、プレイした人には概ね良いイメージが残っているようである。

記事の引用元はここをクリック

エスパードリーム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エスパードリーム(最新無料動画はここをクリック)】