エッガーランド(ディスクシステム)

【発売日】 1987年1月29日
【発売元】 HAL研究所
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エッガーランド ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

HAL研究所が発売した、固定画面型のアクションパズルゲームである。

エッガー大王に囚われた王女ララを救出するため、王子ロロが魔界エッガーランドを冒険するというのが基本ストーリーとなっている。

部屋の中にある「ハートフレーマー」(ハートマークが描かれたアイテム)を全て回収すると宝箱の蓋が開き、中身を取るとその部屋はクリアとなる。

エッガーランドシリーズの第1作は、1985年にMSX用のソフトとしてHAL研究所より発売された『エッガーランド ミステリー』である。

1986年にはMSXで続編の『迷宮神話』が発売された。

この『迷宮神話』の内容を元にして、1987年、ファミリーコンピュータ ディスクシステム用のソフト『エッガーランド』が発売された。

1987年1月29日に発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム用のソフト。

100面分のステージが10×10の格子状に配置された構成となっており、クリアすることで隣の部屋へ移動できる。

単に1面ずつパズルを解いていけば進めるというわけではなく、部屋の入り口を間違えるとクリアできない面や、画面の「?」欄に表示されたものにまつわる行動を取ると特殊な現象が起きる面(「ヒント面」という)が存在する。

記事の引用元はここをクリック

エッガーランド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エッガーランド(最新無料動画はここをクリック)】