夢工場ドキドキパニック(ディスクシステム)

【発売日】 1987年7月10日
【発売元】 フジテレビ
【開発元】 任天堂
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”夢工場ドキドキパニック” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1987年7月10日にフジテレビから発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム用のアクションゲームである。

ゲームの主人公にはイベントのキャラクター「イマジンファミリー」を採用し、当時ファミリーコンピュータの主要ユーザーであった子供達に対するイベント夢工場の周知を図った。

ゲーム誌では『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)開発スタッフによる新作ゲームとして紹介された。

エンディングのスタッフクレジットでは宮本茂、手塚卓志、近藤浩治、田邊賢輔らのあだ名を見ることができる。

テレビ局と玩具会社による珍しいタイアップ、マリオスタッフ制作の実績、ゲーム内容への評価から、当時のディスクシステム所有者間の知名度は高かった。

パッケージ版にはフジテレビと任天堂のタイアップを象徴する特典として、互いに手を組んだイマジンとマリオのイラストシールが封入された。

さらにイマジン、リーナ、マリオ、ピーチ姫をデザインしたテレホンカードが当たる懸賞も実施された。

縦横スクロール方式のアクションゲーム。

先の場面に進んでも画面のスクロールは固定されず、引き返すこともできる。

縦スクロールは『ゼルダの伝説』(1986年)と同様の画面切り替えスクロールを採用している。

ライフ制を採用し、敵または敵の攻撃、トゲや爆風に当たるとプレイヤーキャラクターのライフが減る。

全てのライフがなくなるか穴に落ちるとミスとなり、残機が全てなくなるとゲームオーバーとなる。

コンティニューによる再開地点は最後にクリアしたチャプターの最初のページからやり直しになり、クリアせずにワープして先に進んでもワープしたチャプターをクリアしていない場合は、ワープする前のチャプターからやり直さなければならない。

また、このゲームには制限時間や得点の概念はない。

操作できるキャラクターにはイマジン、リーナ、パパ、ママの4人おり、それぞれジャンプ力や物を持ち上げる速さ、物を持っている時の動作など運動能力が異なる。

この4人のいずれかを操作してボスキャラクターのマムーを倒し、さらわれた家族のピキとポキを助け出すことが目的。

記事の引用元はここをクリック

夢工場ドキドキパニック(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【夢工場ドキドキパニック(最新無料動画はここをクリック)】