中山美穂のトキメキハイスクール(ディスクシステム)

【発売日】 1987年12月1日
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂、スクウェア
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中山美穂のトキメキハイスクール” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

任天堂が1987年12月1日に発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用コマンド選択式恋愛アドベンチャーゲーム。

正式名称は『アイドルホットライン 中山美穂のトキメキハイスクール』。

アイドル歌手中山美穂とタイアップを行ったタレントゲーム。

ディスクシステム用のネットワーク「ディスクファクス」対応作第3弾で、専用の青ディスクを使用する。

他の対応作はスコアやタイムを登録するランキングのための通信だったが、本作のみはゲームを終了させたことを登録することで景品が送られてくるものだった。

また、ゲーム中に出てくる電話番号に電話をかけると先に進むためのヒントや中山美穂からのメッセージテープを聞けるテレホンサービスを実施した。

「はなす」「とる」などの一般的なコマンド選択のみならず、重要な会話シーンでは表情と台詞を同時に選択して会話を進める。

表情は真面目・笑い・悲しみ・怒りの4種類から、台詞は場面ごとに画面に表示される候補の中から選択し、両方が一致していなければゲームオーバーとなる。

また、場面によっては喜びの感情を込めた台詞を真顔で言わなければならなかったり、正解であってもゲームオーバーであるかのような展開となったりする。

本作のエンディングは途中の選択肢によってグッドエンドとベストエンドの2通りに分岐し、どちらに辿り着いたかによってディスクファクスで応募できるコースが異なった。

グッドエンドではテレホンカード、ベストエンドではビデオテープをもらうことができた。

記事の引用元はここをクリック

中山美穂のトキメキハイスクール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中山美穂のトキメキハイスクール(最新無料動画はここをクリック)】