バイオミラクル ぼくってウパ(ディスクシステム)

【発売日】 1988年4月22日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”バイオミラクル ぼくってウパ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミから発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲームソフト。

1988年4月22日にディスクシステム用として発売され、ディスクシステム衰退後の1993年2月16日にはロムカセット版が発売されている。

主人公はルアクーヨ王国の王子、赤ん坊のウパ(名前の由来は勇者ウパラートから)。

魔王「ザイー」を倒してさらわれた赤ん坊たちを救出することが目的。

主人公も敵キャラクターも可愛らしいことが特徴だが、アクションゲームとしての難易度は高い。

このゲームは『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)に似た形式のアクションゲームで、全部で7つのワールドから構成されており、各ワールド内には3つのエリアがある。

通常の地上面の他、水中面や、ケーキやチーズの中に入って穴を掘りながら進んでいく面もある。

スクロールの方向は横方向が多いが、縦スクロールの面もある。

当時としては画期的な、引力・見た目ともに上下逆ステージ(4-2)、上から下にスクロールするステージ(7-1)が登場した。

各ステージの最後に待ち受けるボスキャラクターを倒し(面によってはボスがいない場合もある)、宝箱(各ラウンドの3ステージ目のみ2つ出現)を開ければ面クリア。

主人公のウパは四つん這いで進んでいき、武器の「ガラ=スウォード」(ガラガラ)で敵を攻撃する。

これで敵を叩くとその敵は風船のように膨らみ、宙に浮かぶ。

膨らんだ敵キャラクターは体当たりで飛ばして他の敵キャラクターにぶつけたり、ウパがその敵キャラクターの上に乗って高い場所へ行くこともできる。

ただし一定時間経つと膨らんだ敵は破裂する(そのときに上に乗っているとダメージを受ける)。

敵を膨らますと100点、破裂後の地面落下でさらに100点が得られる。

また、ウパの顔が描かれた赤いブロックを叩くとアイテムが出現し、それを取得することによってさまざまな効果が現れる。

ボスは通常の敵と違い膨らますことができず、ボスが口から吐き出すザコ敵を膨らませてぶつけることによってダメージを与える。

3発(ワールド最後のボスは5発)敵をぶつければボスを倒せる。

記事の引用元はここをクリック

バイオミラクル ぼくってウパ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バイオミラクル ぼくってウパ(最新無料動画はここをクリック)】