リサの妖精伝説(ディスクシステム)

【発売日】 1988年6月21日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”リサの妖精伝説 ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が1988年6月10日に発売したメディアミックス・アドベンチャーゲームである。

本作では当時人気アイドルだった立花理佐が本人役で登場する。

任天堂より発売され、中山美穂を起用した『中山美穂のトキメキハイスクール』(1987年)に続く、アイドルを実名で主人公にした第2弾のディスクシステムゲームソフトでもある。

主人公プレイヤー・ボク(名前を付けられる)とともに、世界を暗闇に閉ざそうとする暗闇の魔女を倒すため、平和のしるしのハープ・正義のしるしの聖剣・愛のしるしの宝石を探しながらおとぎ話の世界を冒険する。

また、歌詞と振り付けにゲームのヒントを織り交ぜた立花の6thシングル『リサの妖精伝説 -FAIRY TALE-』が同年7月13日にイメージソングとして東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)よりリリースされたり、ゲーム進行中画面に電話番号が現れてヒントを教える、期間限定のテレホンサービスを実施したりするなど、メディアミックス展開された。

なお通常の黄色いディスクカードではなく青いカードで発売されたものの、ディスクファックスとの連動は無かった(青いディスクカードで唯一、任天堂が開発・販売していないソフトである)。

記事の引用元はここをクリック

リサの妖精伝説(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リサの妖精伝説(最新無料動画はここをクリック)】