オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ(ディスクシステム)

【発売日】 1986年12月
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

任天堂が開発し、ニッポン放送により限定配布および販売されたファミリーコンピュータディスクシステム用ゲームソフトである。

1987年の『オールナイトニッポン』放送開始20周年に先駈けて、1986年12月に限定生産された記念ソフト。

同年のパーソナリティだった小峯隆生や小泉今日子(ファミバカコーナー)、ABブラザーズ(ファミコンニューウェーブ)などが担当する番組内で、ファミコン関連のコーナーが盛り上がったことが製作のきっかけとなり、前年に発売され社会現象を巻き起こしていた『スーパーマリオブラザーズ』と、不動の人気を誇っていた深夜放送『オールナイトニッポン』が融合。

ニッポン放送と任天堂という、当時としては異色のコラボレーションにより、製作・完成にいたった。

同番組のリスナーに対し抽選でプレゼントされた。

本作の最大の特徴は、各ワールドのコース4に捕らえられたキノピオが、当時の番組1部枠の担当パーソナリティの姿になっている点。

ワールド1:月曜日担当の「みゆき」(中島みゆき)

ワールド2:火曜日担当の「たかあき」(とんねるずの石橋貴明)

ワールド3:同火曜日担当の「のりたけ」(とんねるずの木梨憲武)

ワールド4:水曜日担当の「KYON2」(小泉今日子)

ワールド5:木曜日担当の「たけし」(ビートたけし)

ワールド6:土曜日担当の「まっちゃん」(ABブラザーズ(当時)の松野大介)

ワールド7:同土曜日担当の「ひでちゃん」(ABブラザーズの中山秀征)

金曜日担当のサンプラザ中野は、クリボーに代わる「オカピー」、パックンフラワーに代わる「パックンオカピー」として登場している。

なお、一部に伝わっている「オカピー」のモデルがタモリというのは間違いである。

そのほかの敵キャラクターに変更はないが、8-4に捕らえられたピーチ姫は、日本髪に着物姿でマリオの前に現れる。

発売当初は紹介する媒体も少なく、『オールナイトニッポン』を熱心に聞いていたゲームファン以外にその存在は知られることはほとんどなかった。

現在では幻のソフトとしてコレクターの間では有名になっている。

記事の引用元はここをクリック

オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ(最新無料動画はここをクリック)】