ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女(ディスクシステム)

【発売日】 1989年5月23日
【発売元】 任天堂
【開発元】 任天堂、トーセ
【メディア】 ディスクシステム
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ファミコン探偵倶楽部PartII ディスクシステム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』の続編。

時系列は前作から3年前にあたり、空木探偵の助手となった主人公が、丑美津高校で発生した殺人事件と、学校に伝わる怪談「後ろの少女」の背後に隠された謎を解き明かすために奔走していくことになる。

「謎解きよりもドラマ性重視」「システム側で選択肢や移動先の絞り込みをある程度行ってくれる」という点は前作を踏襲している。

今作は誰にでも身近な学校を舞台に据え、馴染みやすい「学校にまつわる怪談話」が醸し出す恐怖感に重きを置いた内容となっている。

特に最終局面などはドット絵の怖さと相成って当時の子供にトラウマを与え、今もなお語り草となっている程である。

2つの事件を同時並行的に解き明かしていく中で見え隠れする接点を軸に事件を解き明かしていくシナリオは相変わらず秀逸。

特にラストシーン近くの衝撃の展開は、演出とテキストを含めて必見。

一言一句を全て覚えてしまっている本作プレイヤーも珍しくないほどそのインパクトは絶大で、マニアの間ではネタとして弄られることも多い。

最後までプレイすることにより、「うしろに立つ少女」というサブタイトルの真の意味が明かされるのもポイントが高い。

世界観の変化に併せ、BGMもポップな曲調のものが増え、醸し出される雰囲気が前作とがらりと変化している。

横溝正史的な世界観とオカルトホラー色の強かった前作と異なり、高校という身近な舞台設定と、ポップな路線のBGMや全体的に明るさを増したグラフィック表現により、グッと親しみやすさが増した。

一方で、売りであるホラーテイストと終始溢れる緊張感は健在であり、推理することよりも物語を読み進めていくことを重視したシナリオのドラマチックさも前作同様保たれている。

終盤の衝撃のどんでん返し含め、意外なシナリオ展開とホラー風味の作風が好きな人にオススメしておきたい1作である。

記事の引用元はここをクリック

ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女(最新無料動画はここをクリック)】