あんみつ姫(セガ・マークIII)

【発売日】 1987年7月19日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【価格】 5,000円
【メディア】 1メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”あんみつ姫 マークIII” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

倉金章介の漫画を原作とし、当時スタジオぴえろが制作・フジテレビ系列で放送された同名アニメを題材としたゲーム。

あまから城のおてんばなあんみつ姫は新装開店したケーキ屋へ行くことを思いつくが、ケーキ屋の場所を記したチラシはメモ用紙にされてしまう。

さらに警備の厳しい城を抜け出し森や川、町を越えなくてはならない。

あんみつ姫は夕方5時までにケーキ屋へたどり着けるか?

攻略方法を見ずにクリアするのはまず無理だろう。

1面目はアドベンチャーシーン。

8つに分けられてしまった店のチラシを探し、城から脱出する。

ヒントは全くない。

あんみつ姫が広い城内を回りながら所々を調べたり、キャラクターに話しかけたりして総当りでチラシを探す。

2面目はアクションシーン。

忍者や動物などの攻撃をよけつつ、玉を投げつけ応戦しながらひたすら右へ進んで行く。

3面目はアドベンチャーシーンの町。

ここでは関所を抜けなければならない。

ヒントといえるのは有料かつ抽象的な内容の占いのみ。

4面目は2度目のアクションシーン。

初回より難易度上昇。

ようやくケーキ屋へたどり着くとめでたくエンディング。

ドット絵で書き起こされたキャラクターはアニメのイメージを損なわず描かれており良好。

あんみつ姫の着物の色もしっかり再現されており、エンディングの顔アップ絵も違和感がない。

アニメ通りのかわいさである。

この頃のゲームは「難しくてクリアに時間がかかるほどよい」という考えが強く、キャラゲーでも対象年齢を考慮しない、大人でもクリアするのが危うい高難易度のものが多かった。

本作もそんな時代のゲームのひとつであり、当時の水準からすればごく平凡なキャラゲーといったところ。

また難易度が高いとはいえ、運の要素に左右されることはなく、解き方を覚えてしまえば30分程度でクリアできるレベルである。

もっとも、このゲームの場合は ヒントがなく理不尽な謎解き という欠点を抱えているのが問題であり、逆を言えば解き方を覚えるまでが苦労するという難儀なゲームである。

記事の引用元はここをクリック

あんみつ姫(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【あんみつ姫(最新無料動画はここをクリック)】