どきどきペンギンランド 宇宙大冒険(セガ・マークIII)

【発売日】 1987年8月18日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【価格】 5,000円
【メディア】 1メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”どきどきペンギンランド” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

SG中期に発売されたアクションパズル『どきどきペンギンランド』の続編。

ペンギンのアデリーを操作し、子供たちに卵を届けるのが目的。

基本的なルールは前作と同じだが、オブジェクトの種類が増えたことでよりパズル的な方向に進化した。

特定の氷ブロックを壊すとスコアアップのほかにアイテムが出現することもある。

全50面だが最初にセレクトできるのは30面までで、それ以降はクリアすることで選択可能になっていく。

セガハードのソフトでは初のバッテリーバックアップ搭載。

ハードウェアがマークIIIに移行したことにより、グラフィックもパワーアップ。

より親しみやすいゲームとなった。

背景がついたことによりゲームの雰囲気もかなり明るめな印象になった。

マップのオブジェクトの種類が大幅に増え、よりパズル的要素が強くなり歯ごたえのある作品となった。

基本的なシステムも確立し、その後のシリーズの展開に一役買った作品。

ステージ数も増えエディタも搭載しているなどプレイバリューも高いので、手ごたえのあるアクションパズルを楽しみたい人にはお勧め。

記事の引用元はここをクリック

どきどきペンギンランド 宇宙大冒険(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【どきどきペンギンランド 宇宙大冒険(最新無料動画はここをクリック)】