ファンタジーゾーンII オパオパの涙(セガ・マークIII)

【発売日】 1987年10月17日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【価格】 5,500円
【メディア】 2メガビットロムカセット
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ファンタジーゾーンII マークIII” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

セガから発売された横スクロールシューティング『ファンタジーゾーン』の続編。

前作同様、各ゾーンに潜む前線基地を破壊してボスを倒すのが目標。

本作は家庭用専用としてセガ・マークIIIで発売された。

一つのラウンドに複数のゾーンが存在しており、各ゾーンに前線基地とショップが配置されている。

特定のゾーンにある赤のワープゾーンからボスの所に行けるが、全ての前線基地を破壊しなければ入る事が出来ない。

通常ショップとは別に、最初は見えておらず特定の箇所をショットで撃ち込む事で出現する隠しショップも存在する。

グラフィックが相変わらず可愛い。

前作のアーケード版のグラフィックをベースにセガ・マークIIIの性能の限界を越えたレベルに達している。

本作はFM音源ユニットにも対応しており、接続することでさらに高クォリティのBGMにすることができる。

高評価の『ファンタジーゾーン』の進化版として謎解き要素が追加され、BGMとグラフィック面でも底力を見せつけたものの、前作ほどの新鮮さがなく地味な扱いになってしまった。

記事の引用元はここをクリック

ファンタジーゾーンII オパオパの涙(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ファンタジーゾーンII オパオパの涙(最新無料動画はここをクリック)】