アフターバーナー(セガ・マークIII)

【発売日】 1987年12月12日
【発売元】 セガ
【開発元】 セガ
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アフターバーナー マークIII” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ジェット戦闘機のドッグファイトを題材にした擬似3Dシューティングゲームの未完成版。

当初は第二次大戦をテーマに企画を練っていたが、ちょうどその頃、映画『トップガン』が世界的なヒットを記録し日本でもブームが巻き起こっていた。

この成功に便乗しない策はないと言わんばかりに方針は「近代戦闘機によるドッグファイトもの」に定まった。

一定距離まで飛行するとステージクリア。

アラームと同時に背景が変わり、淀みなく次のステージへと移行する。

ボス敵のようなものはない。

『スペースハリアー』同様、スピード感、軽快なBGM、美しいグラフィックはプレイヤーの心を捉えて離さない。

ステージごとに激しくシーンが切り替わり、プレイヤーを世界観へ引き込んでくれる。

『スペースハリアー』開発の頃に温めていた構想「戦闘機を使った体感STG」を見事に実現させた作品である。

臨場感あふれるゲームシステムに加え、その硬派な世界観は『スペースハリアー』以上に多くのプレイヤーを惹きつけた。

アフターバーナーが名作と呼ばれる所以は、ゲームの世界に引き込んでくれる数々の仕様なのだろう。

セガ・マークIII版は、あまりの移植度の低さに雑誌「BEEP」誌上で「アウアーアーアー」と揶揄されてしまった。

レバーを斜めに入れている「だけ」で初期面は完全無敵という粗い作りが目立った。

スコアなども常時表示できず画面が寂しい。

記事の引用元はここをクリック

アフターバーナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アフターバーナー(最新無料動画はここをクリック)】