スーパーピットフォール(PC8801)

【発売日】 1986年11月
【発売元】 ポニーキャニオン
【開発元】 ポニーキャニオン
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 774792298593 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=774792298593 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーピットフォール” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

Atari2600(海外版Atari2800・国内未発売)で出た洞窟探索アクションゲーム『Pitfall II Lost Caverns』のファミコン向けアレンジ移植作。

『Pitfall II Lost Caverns』は、Atari2600/2800で大ヒットしたサイドビューのACT『Pitfall』の続編。

各種障害を避け、用意されたギミックを利用しながら洞窟を探索していくというゲーム。

ファミコン移植に当たって大幅にリメイクを施された結果、大きく異なるゲーム性となった。

『スペランカー』のように洞窟を探検する、サイドビューのアクションゲーム。

探検家「ハリー」を操作して洞窟を探索する。

目的は宝物「ラージダイヤ」を見つけだし、地底人にさらわれた姪の「ロンダ」と猫の「クイッククロー」を救出することである。

必要アイテムや姫達を救出後にスタート地点まで戻る事でゲームクリアとなる。

本作は古い時代のPCゲームによくあったろくなヒントのない手探り探索ゲームである。

2000画面分の広大なマップをひたすらジャンプでアイテムやワープを探し、探索を続ける必要がある。

マッピングをしない人では攻略本なしではまず無理な難しさ。

地道な探索が好きな人は楽しめるゲームだが、FCのメイン層である子供にはやはり厳しかったと言わざるを得ない。

探索アクションゲームとして見ると、探索要素自体は楽しめる部分もあるが、一発で死ぬ割には初見殺しの要素が多く、一部には理不尽な謎解き要素も存在する高難易度ゲーム。

マップの広さもあり、考えなしでのクリアはかなり困難である。

しかししっかりと探索を進めて行けば最終的にはそれなりに余裕をもってクリアはできる。

記事の引用元はここをクリック

スーパーピットフォール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーピットフォール(最新無料動画はここをクリック)】