チャンピオンシップロードランナー(PC8801)

【発売日】 1986年6月
【発売元】 システムソフト
【開発元】 ブローダーバンド
【ジャンル】 アクションパズルゲーム

【中古】ファミコンソフト チャンピオンシップロードランナー (箱説なし)

【中古】ファミコンソフト チャンピオンシップロードランナー (箱説なし)
580 円 (税込)
発売日 1985/04/17 メーカー ハドソン 型番 HFC-CR JAN 4988142166609 関連商品はこちらから ロードランナー  ハドソン 

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ハドソン チャンピオンシップロードランナーパズルゲーム ファミリーコンピュータカ..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ハドソン チャンピオンシップロードランナーパズルゲーム ファミリーコンピュータカ..
700 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 チャンピオンシップロードランナー 商品概要 - ジャンル パズル 対応機種 ファミリーコンピュータ 商..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

コンピューターゲームで、アクションパズルゲーム『ロードランナー』(1983年)の続編である。

オリジナルはアメリカ合衆国のブローダーバンド社からApple II対応ソフトとして発売された。

日本では、1985年からファミリーコンピュータ (発売元:ハドソン) やSG-1000 (発売元:セガ)、MSX (発売元ソニー)、国産パソコン各機種(発売元:システムソフト、ソフトプロ)に移植された。

穴を掘りロボットを埋め、画面内にある全ての金塊を回収するアクションパズルゲームである。

アクション性よりも、むしろ消したブロックの復活のタイミングや ロボットの動きを正確に理解した上で、難解パズルを解いていくのがメイン。

画面も1画面完結でないため、隅々まで金塊を捜す必要があり、全部金塊を回収しても別の画面へ移動してゴールを見つけなければクリアできない。

ロードランナーの上級編で、システムやルール、パッケージイラストは前作と同じである。

ステージ31はノーヒントによる攻略はほぼ不可能であり、別冊ファミリーコンピュータ必勝本1の攻略記事で、「こんなものはパズルなんかじゃない」と述べられる。

これらのステージはロードランナーの作者であるダグ・スミスのところに全世界から投稿されてきた難易度の高いステージが採用されている。

全50ステージのうち、日本人からの投稿は10とも25とも言われている。

PC-8801版は、Apple版より画面の横キャラクタ数が少なくなっている。(横26×縦16サイズ)

記事の引用元はここをクリック

チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画はここをクリック)】