ディガンの魔石(PC8801)

【発売日】 1988年
【発売元】 アーテック
【開発元】 アーテック、スタジオぬえ
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

概要 (説明はWikipediaより)

自航惑星ガデュリンの世界観の一端をなす物語。

その世界観は独特。

また、生活感にリアリティを持たせたゲーム性が特徴的。

グラフィックやBGMも評価も高い。

どこか妙に泥臭く、リアリティのあるRPG。

本作はリアリティのあるゲーム性が特徴なのだが、それは戦闘やストーリーではなく日々の生活の方なのである。

「時間」「食事」「病気」「怪我」「稼ぎはモンスター退治より普通の労働」…と、一風変わった味のある設定。

戦闘は一般的なターン制だが独自の面もある。

キャラクターの成長は、レベルシステムではなく、各パラメーターが個々に上昇していくというもの。

戦闘ではなく、日々の生活にリアリティがあるという、一風変わったゲーム性。

病気、怪我、収入は労働が中心など、他ではあまり見ない要素がある。

キャラクターの能力の上昇を、職種が増える事で実感できるという、こちらも一風変わった本作の特徴。

グラフィックは、当時としてはあまり見ない写実的な表現がされている。

その絵画のようなグラフィックは、本作の大きな特徴の一つ。

人間だけではなく様々な種族が住んでおり、パーティを組む仲間もまるでスター・ウォーズの様で、独自の宗教観もあるなど、ただのファンタジーRPGではない。

リアリティのある生活感に、写実的なグラフィックや透明感のあるBGM。

またストーリーから感じる世界観も、本作を強く印象付ける。

さらに戦闘よりも、生活面での楽しみが大きいというのも一風変わっている。

一方でトップビューの画面や戦闘システムなど、正統派のRPGと似たような面もあるため、プレイしにくいという訳でもない。

惜しむらくは、世界観やストーリーにやや縛られ、RPG本来の成長を楽しむという面が弱い点だろう。

とにかく、王道RPGとは一線を画した、特異な印象を持つRPGといえる。

記事の引用元はここをクリック

ディガンの魔石(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディガンの魔石(最新無料動画はここをクリック)】