デジタル・デビル物語 女神転生(PC8801)

【発売日】 1987年7月
【発売元】 日本テレネット
【開発元】 日本テレネット、アトラス
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”デジタル デビル物語 女神転生” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1987年にPC-8801、MSX、X1/X1turbo、FM77AV用ソフトとして日本テレネットより発売された見下ろし型アクションゲーム。

1986年に西谷史が著した伝奇SF小説『デジタル・デビル・ストーリー』(徳間書店・アニメージュ文庫)の第一作『女神転生』を原作としたオリジナルビデオアニメとのメディアミックス作品であるが、原作小説のキャラクターである小原教諭や黄泉醜女(ヨモツシコメ)が登場するなど、後に同タイトルで発売されたファミコン用RPGと比べて、より原作に近いシナリオ・世界観となっている。

また、ゲームの舞台となっている魔界は、ユダヤ教の神秘主義思想「カバラ」の象徴でもある「生命の樹(セフィロト)」になぞらえた世界観となっている。

8フロアで構成された各ステージを「セフィラー」と呼び、全20ステージ、160フロアにも及ぶ広大なステージマップで構成されている。

アッシャー界(現実世界)を含む生命の樹「善の次元 オツ・キイム」と、もう一つの次元の生命の樹「悪の次元 クリフォート」、二つの次元を繋ぐ「深淵の次元 ダート」。

プレイヤーは中島朱実となって、三つの次元を行き来しながら魔界を探索していく。

魔神ロキによってクリスタルに変えられ、魔界へと連れ去られてしまった白鷺弓子を救い出すのが最終目的。

記事の引用元はここをクリック

デジタル・デビル物語 女神転生(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【デジタル・デビル物語 女神転生(最新無料動画はここをクリック)】