デゼニランド(PC8801)

【発売日】 1983年9月
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【エントリーでポイント10倍!(4月16日01:59まで!)】【中古】X1 カセットテープソフト デゼニランド(状態:カセットテープソフトのみ)

【エントリーでポイント10倍!(4月16日01:59まで!)】【中古】X1 カセットテープソフト デゼニランド(状態:カセットテープソフトのみ)
2,170 円 (税込)
発売日 - メーカー ハドソン 型番 XC-2001 備考 ※当ソフトは動作保障しておりません。ご了承の上ご購入ください。メディア:カセットテープソフト※この商品は下記のみの商品構成になります。・カセットテープソフトその他付属品は一切ございません。当商品は上記の状態を前..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

千葉県にある某夢と魔法の王国をモチーフにしたコマンド入力型ADV。

タイトルの通り、パロディ溢れるギャグタッチのシナリオなのだが、ストーリー設定周りからしていろいろヤバく、今となっては世に名前を出すことさえはばかられるであろう代物に仕上がっている。

当時としては描画速度がなかなか速く、ボリュームもかなりのものであり、「オールマシン語による高速画面表示」「総画面数100画面以上」が宣伝文句だった。

システムは当時一般的だった、コマンド入力式。

ゲーム内容も当時よくあった宝探しもの。

ボリュームはかなり多く、それをアピールポイントにしていた。

「コレジャナイ」に溢れているアトラクションの数々。

瀬戸内海の海賊、ジャングルクローズ、ホラマンション、スペースリバー…。

何を察しているかはだいたい想像がつくと思われる。

しかし中身は当然、違う。

当時の典型的な宝探しタイプのADV。

ただし、そのコンセプトは開園したばかりの夢の国のパロディという、ある意味勇者の送り出したゲーム。

こんなスタンスのゲームだが、描画速度を上げたり大ボリュームにするなど、なかなかの力の入れよう。

各アトラクションの特徴もよく出ており、変なものばかりだが遊園地を巡っている気分は味わえた。

一方でADVの主たる謎解きは厳しいものがいくつかあり、独力で解くのは頭の柔らかさが相当必要。

もっともこの程度の理不尽さは当時のADVでは一般的であった。

おバカな空気のあるADVだが、パロディでは収まらない力作。

記事の引用元はここをクリック

デゼニランド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【デゼニランド(最新無料動画はここをクリック)】