藤堂龍之介探偵日記 琥珀色の遺言(PC8801)

【発売日】 1988年
【発売元】 リバーヒルソフト
【開発元】 リバーヒルソフト
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”琥珀色の遺言” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

リバーヒルソフトの推理アドベンチャーシリーズ4作目にして、藤堂龍之介探偵日記シリーズの1作目。(店頭デモでは1920シリーズと書かれている。)

大正時代を舞台にした作品で、当時としては(現在でも)非常に珍しいものである。

基本システムはコマンド選択式ADV。

ADVのシステムとしては当時一般的だったもの。

しかし選択肢は非常に多い。

対象となる人物、物証も多岐にわたり、また舞台となる洋館も大きく部屋数も多い。

総当りでの攻略は可能とは言え、その方法では非常に時間と手間がかかる事となる。

テンポよく話を進めるには、プレイヤーの推理力が問われるのだ。

プレイヤーの選択肢によって展開が極端に変化するような事はない。

藤堂龍之介がゲーム中で所持し、使用できる推理手帳。

作中登場する西洋骨牌と言った、作品を象徴する重要アイテムが付録。

世界観を作り上げる丁寧なグラフィック。

プレイヤーをさも当時の状況を覗き見ているように感じさせる。

その映像は題名通り琥珀色の基調に彩られている。

セピア調な舞台が、大正時代の空気を見事にかもし出している。

膨大な人数の登場人物と複雑な人間関係。

舞台となる影谷家の屋敷の人々は全員癖の強い人物で、彼らの事を理解するのは非常に難しい。

しかし、当時の世論やその癖の強い家庭環境、時代背景を考慮すると、全員納得の行く人格形成がなされている。

大正時代を舞台とし、当時の世論や時代背景を考慮した、ゲームとしてはなかなかに珍しい作品。

丁寧に再現された世界観、FM音源である事を逆手に取った妖しいエレジー、癖の強いキャラクターに手ごたえのある謎と、雰囲気作りの良く出来たミステリである。

記事の引用元はここをクリック

藤堂龍之介探偵日記 琥珀色の遺言(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【藤堂龍之介探偵日記 琥珀色の遺言(最新無料動画はここをクリック)】