マリちゃん危機一髪(PC8801)

【発売日】 1983年2月
【発売元】 エニックス
【開発元】 槙村ただし
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 774792298593 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=774792298593 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

[csshop service=”rakuten” keyword=”PC-8801″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1983年2月にエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたアダルトゲーム。

制作者は永井豪とすがやみつるの弟子であり、ダイナミックプロに所属する漫画家の槙村ただしである。

槙村が以前に制作した九十九電機によるアダルトゲーム『野球拳』のリリース後に反響があったことを受け、エニックスが槙村に本作の制作を依頼した。

槙村が単独で本作の作画やプログラミングを担当している。

対応機種はFM-7/8、PC-8801、パソピア7の3種で、カセットテープ媒体は3,600円、ディスク媒体は5,800円で販売された。

ジャンルはアドベンチャー。

ストーカーによって誘拐されたマリちゃんを運要素が100%のじゃんけんで救出する内容となっており、あいこでゲームを進めることは出来ない。

F1からF3のキーに対しグー・チョキ・パーが割り当てられており、プレイヤーはこれらのキーを使って操作する。

九十九電機の『野球拳』と同様のゲームシステムを採用しているが、本作では随所に工夫が凝らされている。

本作は5つのステージで構成され、一定の回数勝利すればマリちゃんを救うことに成功し、その度にマリちゃんが服を1枚ずつ脱いでいく。

一方、救出に失敗した場合、マリちゃんは刺殺や感電死、溺死、爆死といった様々な死に方でゲームオーバーとなり、マリちゃんが写った遺影に線香が添えられたイラストが表示される。

ゲームを進めていくと最後にはマリちゃんの服を脱がせるために彼女と直接対決するが、マリちゃんのパンティを脱がすと股間に「プログラムエラー ノタメ コノブブンハ カケマセン!」と規制が入る。

服を脱いでいくマリちゃんの絵は立ち絵1枚のみとなっている。

記事の引用元はここをクリック

マリちゃん危機一髪(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マリちゃん危機一髪(最新無料動画はここをクリック)】