レプリカート(PC8801)

【発売日】 1988年4月
【発売元】 タイトー
【開発元】 クロン
【ジャンル】 アクションゲーム

【中古】PC-8801ハード PC-8801本体 mkII MR + PC-KD852 (14インチカラーディスプレイ)

【中古】PC-8801ハード PC-8801本体 mkII MR + PC-KD852 (14インチカラーディスプレイ)
41,900 円 (税込) 送料込
発売日 - メーカー - 型番 - 備考 メーカー名:NEC型番:PC-8801mkII MR + PC-KD852 (14インチカラーディスプレイ)CPU:MPD780C-1 4MHzメモリ:192KBドライブ:5インチフロッピーディスクドライブ x2付属品:キーボード、電源ケーブル2本、ディスプレイ接続ケーブル箱説の有..

『中古』蘇るPC-8801伝説 永久保存版

『中古』蘇るPC-8801伝説 永久保存版
22,899 円 (税込)
4756147305

【中古】PC-8801SRソフト What’s Michael?

【中古】PC-8801SRソフト What’s Michael?
24,200 円 (税込) 送料込
発売日 - メーカー マイクロキャビン 型番 86253 JAN 4988608862533 備考 メディア:5インチFD(3枚組)FM音源対応 関連商品はこちらから マイクロキャビン 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

ソニーから1987年に発売されたMSX2用固定画面アクションゲーム。

テレビゲームの古典である、いわゆるヘビゲームをアレンジしたもの。

サブタイトルは「地下迷宮の謎」。

全300ステージ。

タイトーによってファミリーコンピュータ ディスクシステムやPC-8801SRへも移植された。

古典的なヘビゲームのリメイクであり、基本操作もヘビゲームに準ずる。

すなわち、主人公はヘビのような細長いマシン「レプリカート」を操作し、サランドラのエサであるバイトスライムを回収していく。

回収するたびにレプリカートの体は1ブロックずつ長くなっていく。

レプリカートはカーソルキー押下方向へ進むのではなく、左右を押すことにより、進行方向に対して左右に曲がることになる。

また、レプリカートは常に前進を続けており、止まることはできない。

壁、自分の身体、敵に接触するとミスとなり一機失う。

必要な数のバイトスライムを回収すると次のステージへの出口が開く。

舞台が21世紀末であり、全体的にメカニカルな意匠となっている。

ステージによってはマジックプレートと呼ばれるプレートがあり、身体縮小や敵の全滅などの効果を持つアイテムが隠されている。

中には武器が発射できるようになるものもある。

記事の引用元はここをクリック

レプリカート(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【レプリカート(最新無料動画はここをクリック)】