エッガーランド ミステリー(MSX)

【発売日】 1985年11月
【発売元】 HAL研究所
【開発元】 HAL研究所
【ジャンル】 パズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エッガーランド” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

HAL研究所が発売した、固定画面型のアクションパズルゲームである。

エッガー大王に囚われた王女ララを救出するため、王子ロロが魔界エッガーランドを冒険するというのが基本ストーリーとなっている。

エッガーランドは、部屋単位でステージをクリアしていくタイプのアクションパズルゲームである。

部屋の中にある「ハートフレーマー」(ハートマークが描かれたアイテム)を全て回収すると宝箱の蓋が開き、中身を取るとその部屋はクリアとなる。

ほとんどの部屋には敵がおり、部屋の中にある「エメラルドフレーマー」(緑色のブロック)を動かしたり様々な地形を考慮したりしながら敵の攻撃をかわし、またある時は敵を利用してハートフレーマーを集める。

ハートフレーマーの中には、取ると「エッガーショット」を発射できるようになるものもある。

エッガーショットを敵に当てると、丸い玉子に包まれた状態になる。

この玉子は、エメラルドフレーマーと同様に動かしたり敵の攻撃を防いだりできるほか、水に浮かべて上に乗ることもできる。

玉子状態の敵をしばらく放置していると、表面がひび割れて元の姿に戻る。

また、玉子状態の敵にさらにショットを当てると画面外に吹き飛び、しばらくすると元いた場所に復活する。

この際、その場所をブロックなどで塞いでおくと別の場所に現れることがある。

特定の部屋では、ハートフレーマーを何個か取ることで特殊な「パワー」を使うことができる。

パワーには「橋を架ける」「一方通行の矢印の向きを変える」「ハンマーで岩を砕く」の3種類があり、画面右にアイコンが表示されたもののみ使える。

エメラルドフレーマーや玉子を対象物から半歩分ずらして置くことを「半ブロックずらし」と呼ぶ。

この手法を用いることにより、1つのブロックだけで、2体の敵の攻撃を一度に防いだり2マス分の通路を塞いだりなどできる。

使用頻度が高い重要なテクニックである。

エッガーランドシリーズの第1作は、1985年にMSX用のソフトとしてHAL研究所より発売された『エッガーランド ミステリー』である。

1986年にはMSXで続編の『迷宮神話』が発売された。

敵の種類が後続の作品に比べて少ないなど、まだ発展途上な点が見られる。

ステージは全115面。

コンストラクション機能も搭載されている。

記事の引用元はここをクリック

エッガーランド ミステリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エッガーランド ミステリー(最新無料動画はここをクリック)】