軽井沢誘拐案内(MSX)

【発売日】 1986年12月
【発売元】 エニックス
【開発元】 エニックス
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”軽井沢誘拐案内” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1985年にエニックス(現スクウェア・エニックス)より発売された、堀井雄二がデザインしたアドベンチャーゲーム。

『ポートピア連続殺人事件』と同様にオリジナル版のプログラム・シナリオ・グラフィック等の全ての作業を堀井が1人でこなしている。

『ポートピア連続殺人事件』(1983年)、『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(1984年)に続く、堀井雄二がシナリオを担当したアドベンチャーゲーム第3弾。

これら3作品を合わせて「堀井ミステリー三部作」と呼ばれ、人気を博した。

本作も当時のパソコン主要各機種に移植されたが、ストーリー展開上、アダルト風味が加えられたシーンや大麻がらみの要素があったためか、三部作のなかで唯一、ファミコンに移植されなかった。

刑事を主人公としていた前2作品と異なり、一般的な大学生とその恋人を主人公に据え、カジュアルな印象で作られている。

物語の舞台は避暑地の軽井沢に設定され、軽井沢駅、レマン湖、地蔵ヶ原、浅間山など実在のスポットが登場する。

また、『ポートピア連続殺人事件』の登場人物、沢木文江が本作にもゲスト出演している。

記事の引用元はここをクリック

軽井沢誘拐案内(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【軽井沢誘拐案内(最新無料動画はここをクリック)】