ゴーファーの野望 エピソードII(MSX)

【発売日】 1989年1月27日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ゴーファーの野望” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

MSXのグラディウスシリーズとしては4作目(『グラディウス』、『グラディウス2』、『沙羅曼蛇』(MSX)、これ)にあたる作品。

一応ACの『グラディウスII -GOFERの野望-』の移植作品だが、ゲージタイプセレクト、1面が太陽ステージ、ゴーファーが登場する、以外の共通点は殆どない全くの別物となっている。

全10面とMSX作品随一のボリューム。

今作の特徴としてACの『グラディウスII』の自機装備セレクトとMSXの『グラディウス2』の追加装備の両方の要素が取り入れられている。

そのため、登場する武装数は数あるグラディウスシリーズの中でも『オトメディウス』についで2番目に多い。

MSXのグラディウスシリーズでは最も簡単。

とはいえ基本的な難易度は高め。

追加武装入手が前提の難易度設計であった『グラ2』、初見殺しだらけの『沙羅曼蛇』に比べれば幾分マイルドではある。

MSX版過去2作と同様高いストーリー性を持ち、さらに本作は進行中に数個のキーアイテムを発見しなければ最終ステージへ進むことができなかったり、その最終ステージでは、さらにもう一つのキーアイテムを入手しないと真のエンディングへ到達できないなど、かなり手の込んだ作りになっている。

MSXで独自の系譜を築いてきたグラディウスシリーズ。

その完結編と言うにふさわしい完成度は今プレイしても決して色褪せることはないだろう。

ストーリーとしては完結編であるが、難易度が手頃で遊びやすいためMSXシリーズに初めて触れる作品としてもおすすめである。

記事の引用元はここをクリック

ゴーファーの野望 エピソードII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゴーファーの野望 エピソードII(最新無料動画はここをクリック)】