スターソルジャー(MSX)

【発売日】 1986年
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”スターソルジャー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1つのショットで、空中・地上両方の敵を破壊でき、ひたすら撃ちまくるタイプの縦スクロールSTG。

全16ステージ。

各ステージの最後にはボスキャラが登場する。

ステージ13以降はバリア装備時に限り敵が誘導弾を撃ってくる様になる。

16ステージをクリアすると、その後裏面に行けるようになる。

裏面はバリアの有無にかかわらず、最初から誘導弾が飛んでくる高難易度。

ファミコンキャラバンで有名なSTG。

映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』で扱われた作品でもある。

それだけに得点に関する要素は豊富で、連隊が画面から消えるまで次の連隊は出現しない、各面に8つ存在し出すごとに得点が多くなる隠しアイテムゼグ、ラザロ合体前撃破8万点、デライラ同時撃破で8万点といった、腕と知識が得点に直結する作りになっている。

本作の影響から、多くのプレイヤーが得点を意識するようになり、ファミコンゲーム業界はスコアアタック時代に突入することになった。

パワーアップすると軽快なBGMに変わる。

爽快感とテンションが同時にかきたてられる演出。

比較的初期の作品ながら、グラフィックの質の高さもFCのSTGとしては上位レベルに入るだろう。

グラフィック、BGM、スコアアタックや戦略性と、STGの基礎がしっかりつくられている名作STG。

ファミコンブーム時に誕生した事もあり、当時の子供たちを興奮の渦に巻き込んだ。

現在でも根強い人気があり、本作を異様に神聖視する者も少なくない。

記事の引用元はここをクリック

スターソルジャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スターソルジャー(最新無料動画はここをクリック)】