チャンピオンシップロードランナー(MSX)

【発売日】 1986年3月21日
【発売元】 ソニー
【開発元】 コンパイル
【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”チャンピオンシップロードランナー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アクションパズルゲーム『ロードランナー』(1983年)の続編である。

オリジナルはアメリカ合衆国のブローダーバンド社からApple II対応ソフトとして発売された。

日本では、1985年からファミリーコンピュータ (発売元:ハドソン) やSG-1000 (発売元:セガ)、MSX (発売元ソニー)、国産パソコン各機種(発売元:システムソフト、ソフトプロ)に移植された。

穴を掘りロボットを埋め、画面内にある全ての金塊を回収するアクションパズルゲームである。

アクション性よりも、むしろ消したブロックの復活のタイミングや ロボットの動きを正確に理解した上で、難解パズルを解いていくのがメイン。

画面も1画面完結でないため、隅々まで金塊を捜す必要があり、全部金塊を回収しても別の画面へ移動してゴールを見つけなければクリアできない。

ロードランナーの上級編で、システムやルール、パッケージイラストは前作と同じである。

MSX版の開発担当はコンパイル。

Apple版同様の画面構成(横28×縦16サイズ)を再現している。

タイトル画面の造りやキャラクター、文字と数字と記号のフォントはセガ版と同じ。

ROM版、全60ステージ(Apple版50ステージからの抜粋40ステージ、オリジナルステージ20)。

また、カラーチェンジ機能が搭載され、ブロックの色を変えられた。

記事の引用元はここをクリック

チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画はここをクリック)】