大戦略(MSX)

【発売日】 1987年
【発売元】 マイクロキャビン
【開発元】 マイクロキャビン
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 大戦略 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

実際にある戦場での戦闘ではなく、架空の世界での戦闘を楽しむターン制SLG。

MAP上に散らばる占領目標を掌握しながら、敵の首都を目指す。

自国の首都を落とされると負けになる。

最大四カ国でプレイができた。

当時よく見られたボードゲームの流れからくるものではなく、あくまで誰でもプレイしやすいSLGとして作られている。

そのためルールを可能な限りコンパクトにしていた。

一方で、コンピューターゲームならではの要素もある。

戦術だけでなく戦略的要素も含んだ、現代戦SLGの代表的シリーズ「大戦略」の一作目。

六角マスのヘクスを敷き詰めた、典型的な戦術タイプのSLG。

地形としては、平地、道路、荒地、森、川、海、山岳、町、空港、首都があった。

当時からすると種類としては少なくはない。

地形は移動、攻撃、防御に影響を与える。

使用する兵器は、全部で14種類。

航空兵器と陸上兵器のみで、海上兵器はなかった。

ユニットは当時のNATO加盟国の代表的な兵器を採用している。

マップによって面白さは大きく違うが、重要拠点の奪取や防衛ラインの維持など、戦術SLGの基本的な楽しさが味わえる。

それぞれの兵器はちょうどジャンケンのようになっており、「戦闘機は攻撃機、ヘリに強いが対空車両に弱い」「攻撃機は戦車に強いが、戦闘機に弱い」「戦車は対空車両に強いが、攻撃機に弱い」というような感じになっている。

本作以前にも戦争をテーマとしたコンピューターSLGは出ていたが、当時はSLGと言えばボードゲームの方が本場だった。

その風潮に影響を受けていたせいか、史実のコンピューター化という形が多い。

それだけに必ずしもプレイしやすいものとは限らなかった。

その意味で、誰にでも遊びやすいSLGを作り上げた意義は大きい。

これをなし得たのも、史実にこだわらず単純に戦術を楽しむという方向性だろう。

またコンピューターゲームならではのシステムを入れている点も、注目すべき所。

大戦略シリーズは本作より、現代戦SLGのスタンダードなものの一つとなる。

やがて様々なシステムを導入、シリーズも分岐しながら続いていった。

だが現在では、同社の代表作天下統一と同様、その品質が非常に問われており、もはやかつての面影は残っていない。

記事の引用元はここをクリック

大戦略(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【大戦略(最新無料動画はここをクリック)】