プロ野球ファミリースタジアム(MSX)

【発売日】 1989年11月21日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 コンパイル
【ジャンル】 野球ゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”プロ野球ファミリースタジアム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)のファミコン用野球ゲーム『プロ野球ファミリースタジアム』をMSX2へ移植・改良したゲームソフトである。

発売はファミコン版と同様にナムコであるが、本作においてはコンパイルが開発を担当した。

ハード機能の制約により左右スクロールができないため飛球が画面の端まで飛ぶと一旦レフト/ライト側に画面が切り替わる方式になっているが、MSX2+で起動した場合はスクロール対応となる。

なお、本作と同時期に発売された『激突ペナントレース2』ではハードがMSX2+でなくともソフトウェアで横スクロールに対応させるように改良が施されている。

なお、PCエンジン版『プロ野球ワールドスタジアム』や『プロ野球ファミリースタジアム’88』で導入されているフライやライナーの落球(エラー)は、本作では導入されていない。

メインのペナントレースは、18球団からプレイヤーが任意で選択した6球団(球団別にマニュアル操作とCPU操作を選択可能)で5~200試合を争い優勝を目指すモード。

継続はパスワード方式だが、3.5インチFDドライブを搭載または外部接続している場合はFDにデータを保存することができる。

記事の引用元はここをクリック

プロ野球ファミリースタジアム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【プロ野球ファミリースタジアム(最新無料動画はここをクリック)】