ロードブラスター(MSX)

【発売日】 1986年
【発売元】 日本ビクター
【開発元】 データイースト
【ジャンル】 その他

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 ロードブラスター ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1985年にデータイーストが制作・販売していたアーケードゲーム式レーザーディスクゲーム(LDゲーム)である。

第1弾『幻魔大戦』(1983年)、第2弾『サンダーストーム』(1984年)に続く、同社のLDゲーム第3弾。

アニメーション制作は前作と同じく、東映動画が担当した。

プレイヤーはモンスターマシン「LX-5」のドライバーとなり、ステアリングと2つのペダル(スーパーチャージとブレーキ)を使いながら、LX-5を操作して各ステージの「アクシデント」、すなわちLX-5を攻撃してくる暴走族(車やバイクを運転)を壊滅する。

「攻撃」や「操縦」などは前作『サンダーストーム』と同様だが、途中では「同時押し」という機能が加えられた。

前作と同様、入力したコマンドが正しければ次のシーンに進め、誤っていればミスされ、自機がクラッシュされるアニメが流れて残りのマシンが1台減る。

全部無くなるとゲームオーバーとされる。

前作と同様のシステムを持ったゲームであった。

全篇背景動画で書き起こされ、その枚数は10万枚を越える。

記事の引用元はここをクリック

ロードブラスター(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ロードブラスター(最新無料動画はここをクリック)】