アンジェラス 悪魔の福音(PC9801)

【発売日】 1989年9月
【発売元】 エニックス
【開発元】 エニックス
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アンジェラス 悪魔の福音” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ホラーサスペンスADV。

当時のエニックスのゲームと同様、外部からスタッフを募って作られた。

システムとしてはオーソドックスなコマンド選択式。

コマンド自体も見る、話す、考えるなど基本的な物。

ホラーゲームとしての完成度の高さ。

被害者の異様な死に様、曰くあり気な古い書物、謎の言い伝え、そして全ての鍵を握る青い石。

謎が一つ解けるほどにオカルト的な色合いが色濃くなる展開は、ホラーサスペンスとして非常に評価が高い。

演出にアニメを多用している。

ダーティペアのキャラクターデザイン、うる星やつらの作画監督をした土器手司、そしてドラゴンクエストの作曲を手がけたすぎやまこういちが加わっている。

おかげでグラフィック、音楽共なかなかの出来。

当時のゲームとしては話を進める為にコマンドを探す楽しみもあったが、やはり同じコマンドを繰り返す結果になりやすいのは少々難点。

会話時にも口パクをアニメーション表示しているのだが、そのせいでメッセージを飛ばせないためゲームのテンポを悪くしている。

良質なADVを多く作っていたエニックスのゲームとして注目を浴びた作品。

オーソドックスな作りながらも、グラフィックやBGMなどでは安定した面を見せた。

出来がいいだけにストーリーに少々粗があったり、会話演出がむしろテンポを悪くしているのが残念。

とはいえ、当時のホラーサスペンスとしての評価は高い。

記事の引用元はここをクリック

アンジェラス 悪魔の福音(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アンジェラス 悪魔の福音(最新無料動画はここをクリック)】