イシターの復活(PC9801)

【発売日】 1988年1月
【発売元】 SPS
【開発元】 SPS
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”イシターの復活” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年7月8日にナムコから稼働されたアーケードゲーム。

英題は『The Return of ISHTAR』(ザ・リターンオブ・イシター、ROI)となっている。

『ドルアーガの塔』(1984年)の続編および『バビロニアン・キャッスル・サーガ』シリーズの一作品であり、主人公のカイとギルを操作し、ドルアーガの塔から脱出する事を目的としたアクションRPG。

後にSPSの開発・発売により、PC-8801mk2SR以降 、PC-9801、X68000、X1turbo、FM-77に移植され、ナムコの家庭用ゲーム事業部の開発・発売によりMSX2に移植された。

『ドルアーガの塔』(1984年)の続編として発表されたゲームで、『バビロニアン・キャッスル・サーガ』の第2作目として位置付けられている。

アーケードとしては初めてのパスワードによるコンティニュー機能をつけた、アクションロールプレイングゲームでもある。

敵を倒してプレイヤーキャラクターを強く成長させていき、ゲームオーバー時に次回プレイに使える「パスワード」が表示される。

頂上から塔の入り口までの全128ルームを行き来して最終的には塔からの脱出を目指すゲーム。

ゲームデザイン、ドット絵は遠藤雅伸が担当。

モンスターを倒すと、二人同時に経験値を得ることができる。

また、ギルで敵を倒した場合、一部の敵を除いて幾分かHPが回復する(リカバーポイント)。

ギルの成長はカイの4分の1である。

カイには敵を倒したことでのマジックポイントの回復はない。

最終目的は塔を脱出することである。

この塔の各ルームには様々なトラップが存在する。1ルームを脱出するには扉に入らなければならないが、それには扉と同じ色をした鍵が必要となる(扉の色はIdentify Door、鍵の色はDetect Keyの呪文で識別可能。扉と鍵は1ルーム最大各8種類)。

なお、鍵の取得や扉を開けるのはカイ・ギルのどちらでも可能だが、扉を開けても1人だけでは入れず2人で同時に入らないと次のルームには進めない。

記事の引用元はここをクリック

イシターの復活(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【イシターの復活(最新無料動画はここをクリック)】