ウイングマン2 キータクラーの復活(PC9801)

【発売日】 1986年4月
【発売元】 エニックス
【開発元】 TAMTAM
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 ウイングマン ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

漫画『ウイングマン』(桂正和作)をゲーム化したADVである。

好評を受けた前作に続く2作目。

ストーリーとしては前作の続きとなっているが、前作のプレイ経験がなくても大きな問題はない。

ストーリー自体はオリジナル。

前作同様、シードマンとの戦闘はアクションゲームとなる。

画面が切り替わり、敵との戦いになる。

自由に飛び回り、必殺技を打ち合う。

すぎやま氏にとって初のゲームBGM作品である。

ウイングマン2の数日後にはドラゴンクエスト1の作曲を始めている。

原作『ウイングマン』の雰囲気の再現度の高さ。

グラフィックが前作より向上、原作により近い絵柄となっている。

キャラクター達のいかにもな台詞の数々。

オリジナルストーリーながらも、原作をよく分っている作り。

桂正和作品にありがちなエッチ要素も当然ある。

しかも、そのエッチ要素がフラグとなっている展開もある。

変身シーンは、当然再現。

ウイングマンが使える必殺技は結構多い。

「クロムレイバー」「ウイングル・クラッシュ」「ファイナルビーム」などが使用可能。

さらに、決め技は「デルタエンド」。

ファンに嬉しい作り。

「ガーダー」も装備可能。

しかも動きが重くなり、使える必殺技も変わるなど、細かな点まで再現されている。

ただ必殺技の威力が低く、使い勝手が悪いのが残念な所。

スタッフの原作愛が分るようなゲーム。

原作再現度が非常に高く、ファン歓喜の出来。

ADVとしてはやや古臭い作りながらも平均的な出来。

スケベ心をどれだけ発揮できるかがクリアの道となっているのは、桂正和作品らしいゲームとも言える。

まさしくキャラクターゲームの見本のようなADVである。

記事の引用元はここをクリック

ウイングマン2 キータクラーの復活(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ウイングマン2 キータクラーの復活(最新無料動画はここをクリック)】