エアーマネジメントII 航空王をめざせ(PC9801)

【発売日】 1993年10月1日
【発売元】 光栄
【開発元】 光栄
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エアーマネジメント” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

光栄(現・コーエーテクモゲームス)のビジネスシミュレーションゲーム。

1993年4月2日にスーパーファミコンで発売された後、メガドライブとPC-9801に移植されたが、PC-98版は若干の改良が加えられている。

前作『エアーマネジメント』との最大の相違点として、現在の航空ビジネスで主流になっている「ハブ&スポーク」の概念をゲームに導入。

東南アジア・中東・ヨーロッパ・アフリカ・北アメリカ・南アメリカ・オセアニアの7エリア中、本社を置くエリアを含む6エリアでトップシェアを獲得するのが目的。

国との友好度(4段階)がパラメータで設定されており、シナリオ1開始時には西側陣営(アメリカ・イギリス・日本など)と東側陣営(ソビエト連邦・東ドイツなど)は敵対関係にあるためスロットの交渉すらままならない。

ゲーム中、各国の政府が援助を求めて来ることがあり、これに応じると友好度がアップする。

援助した国によってはペレストロイカを待たなくても、東側または西側の機体が買えるようになる場合がある。

特定の都市またはエリアに観光ブームが発生し、その都市に乗り入れる路線の需要が激増することがある。

これ以外にオリンピックや博覧会などの固定イベントでも路線の需要が増加する。

前作同様、難易度は本社を置く都市によって決まる。

大都市ほど初期資金が多く、初期所有航空機の性能や所有数において有利となる。

PC-98版は、路線ごとにエコノミー・ビジネス・ファーストの3段階で座席を配分したり、サービスの質を変化させたりする細かい設定が求められる。

逆に、採算を度外視して全席ファーストの豪華リゾート線を作ると言ったことも可能。

記事の引用元はここをクリック

エアーマネジメントII 航空王をめざせ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エアーマネジメントII 航空王をめざせ(最新無料動画はここをクリック)】