エグザイル(PC9801)

【発売日】 1988年8月
【発売元】 日本テレネット
【開発元】 日本テレネット
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”破戒の偶像” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

日本テレネットが開発、発売したコンピューターゲーム及びそのシリーズ。

会話画面はドラゴンクエスト風のトップビュー視点だが、アクションは横スクロールのRPGゲームで、主人公サドラーを操作して数々の敵を倒し経験値を得てサドラーをレベルアップさせ、各ストーリーのイベントをクリアする、もしくはボスキャラを倒すことでゲームが進行する。

システム面は同じ日本テレネットの『夢幻戦士ヴァリス』を踏襲しているが、夢幻戦士ヴァリスがアニメ・美少女おたく受けを狙った面(主人公が女子高生、コスチュームはビキニアーマーなど)に対し、本作品は中世イスラム風の世界観と、アサシンでクールで無口な美男子というサドラーの設定から、比較すると硬派な作風となっている。

パソコン版1の『エグザイル 破戒の偶像』は中世イスラムの雰囲気を前面に出すため、OPテーマ「ラーガ・バゲシュワリ」とEDテーマ「プラーナ・ヤーマ」の作曲を当時日本に留学していたイスラム人大学生に頼んだ事が記されている。

また、ゲーム中のアイテムとしてハシシ、ヘロイン、ヨポ、アンフェタミン、マリファナ、コカインなどの麻薬・ドラッグ類が登場する事も一部で話題となった。

記事の引用元はここをクリック

エグザイル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エグザイル(最新無料動画はここをクリック)】