A列車で行こう(PC9801)

【発売日】 1985年12月
【発売元】 アートディンク
【開発元】 アートディンク
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”A列車で行こう” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アートディンクが開発した都市構築型の経営シミュレーションゲーム(ミニスケープ)のシリーズである。

1985年12月発売 対応機種 FM-7、PC-8800、PC-9800、X1Turbo、MZ-2500、ファミリーコンピュータ、MSX2版はポニーキャニオンから1989年に発売。

メガドライブ、他 Windows95/98対応版 2000年4月発売。

初期のものは大半がBASICでかかれ、処理の大きな一部のみがアセンブラで書かれていた。

大統領官邸から別荘までの大陸横断鉄道を、大統領列車の移動も含めて、1年間に建設するというゲーム。

昼間のみ線路建設が可能なA列車を用いて線路を建設していく。

闇雲に建設していくだけではたちまち経営破綻するため、いかに利益を生み出す路線を建設できるかが重要であり、パズルゲーム的なシステムが含まれていた。

初級、中級、上級の3種類のマップが用意されている。

また、上級では山岳部分にトンネルを掘る必要があり、A列車や線路が全く見えない状態で貫通させる必要があった。

記事の引用元はここをクリック

A列車で行こう(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【A列車で行こう(最新無料動画はここをクリック)】