クルーズチェイサー ブラスティー(PC9801)

【発売日】 1986年
【発売元】 スクウェア
【開発元】 スクウェア
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー(クルーズチェイサー ブラスティー) グッドスマイルカンパニー

MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー(クルーズチェイサー ブラスティー) グッドスマイルカンパニー
7,180 円 (税込) 送料込
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□■新製品■2020年05月 発売※画像はイメージです。写真は塗装済みの完成見本です。実際の商品とは異なります。※本商品は組み立て式プラスチックモデルです。※転売目的や、同一住所で名前を変えてのご注文など、同一と思われ..

【05月発売予定】 グッドスマイルカンパニー MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー

【05月発売予定】 グッドスマイルカンパニー MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー
7,225 円 (税込) 送料込
ロボRPGの黎明、奇跡のキット化!80年代PCゲーム『クルーズチェイサー ブラスティー』より、メインメカ「ブラスティー」をプラスチックモデルとして立体化。ガンナー形態からシューター形態への変形を差し替えで再現。ガンナー時全高175mm。各関節可動。材質はPS、ABS樹脂プ..

【中古】 クルーズチェイサー・ブラスティー 前編 / 堀口 滋, 鈴木 雅久 / 朝日ソノラマ [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】

【中古】 クルーズチェイサー・ブラスティー 前編 / 堀口 滋, 鈴木 雅久 / 朝日ソノラマ [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
3,964 円 (税込)
著者:堀口 滋, 鈴木 雅久出版社:朝日ソノラマサイズ:文庫ISBN-10:4257765291ISBN-13:9784257765295■こちらの商品もオススメです ● クルーズチェイサー・ブラスティー 後編 / 堀口 滋, 鈴木 雅久 / 朝日ソノラマ [文庫] ● クルーズチェイサー・ブラスティー2 / 堀口 滋,..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

スクウェアが独立以前に出した変形ロボットRPG。

RPGでは稀な、ロボットと宇宙を舞台としたゲーム。

アニメをふんだんに使った演出。「戦闘が全てアニメーションする」という当時には全くなかった演出がされている。

日本サンライズ(現:サンライズ)が製作に協力している。

宇宙を舞台にしたゲームなのだが、実はウィザードリィタイプの3DダンジョンRPG。

本作の宇宙には端があって、壁や通路があるのである。

一応設定上は、宇宙の端を閉宇宙とし、壁をアステロイドベルトが原因としている。

しかし移動は前後左右のみで、上下には行けない(理由は特に説明されていない)。

フルアニメーションの戦闘シーン。

当時はゲームの一部がアニメーションするだけでも注目されたが、それが戦闘シーン全てに使われている。

その衝撃はかなりのものだった。

主役機ブラスティーの変形も当然フルアニメ。

ロボットアニメのロマン満載である。

アニメ部分を担当したのは、機動戦士ガンダムなどを製作したあのサンライズ。

メリハリのついた動きの良さは流石。

ただし当時のパソコンの性能なので現代の様な美麗ムービーとは行かず、サンライズから渡されたセル画を一枚ずつ手作業でCGに変換した上でのパラパラ漫画である。

メカデザインは明貴美加。

ガンダム以降のロボットブームの流れに乗ったゲームで、RPGとしては異色のSFロボットもの。

しかもキャラクターの一部分がアニメするだけで注目された時代にフルアニメである。

初めて目の当たりにしたそれは確かに衝撃的だったが、プレイを続けていくと、やがてその印象も失せていく。

慣れると粗ばかりが見えてくるのだ。

マッピングもままならないシステム。

単調な戦闘。

アニメは最初のインパクトから一転、テンポを阻害する要素となる。

結局、ロボットアニメでRPGするという上辺ばかりを気にしすぎたのか、ゲームとしては不都合ばかりのものになってしまった。

本作は、スクウェア(現:スクウェア・エニックス・ホールディングス)が電友社の一部門時代(本作発売と同年に独立)のゲーム。

ファイナルファンタジーシリーズ等で、何かとビジュアル偏重が話題になる同社だが、実は設立以前からその傾向があったのだ。

メカデザインで協力した当時のサンライズはゲーム開発に相当乗り気だったようであるが、評判の悪さからゲーム市場から足が遠のいたと噂されている。

記事の引用元はここをクリック

クルーズチェイサー ブラスティー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【クルーズチェイサー ブラスティー(最新無料動画はここをクリック)】