空母戦記(PC9801)

【発売日】 1993年
【発売元】 ジェネラルサポート
【開発元】 ジェネラルサポート
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 空母戦記 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ジェネラル・サポートから1993年に発売されたウォー・シミュレーションゲーム、及びそのシリーズ。

1941年 – 1945年にかけて、日本とアメリカ合衆国間で戦われた太平洋戦争の空母戦をシミュレートしたゲームである。

デザイナーは阿部隆史。

1ターンは1時間であり、更にフェイズに分割される。

艦隊移動プロットフェイズ、索敵フェイス、攻撃隊フェイズ…などを日米が交代に処理していく形となっている。

双方の艦隊が接近すると発生する。

簡単な命令を与えるだけで自動的に進行する。

彼我の艦隊の編成次第によっては、有効な攻撃となる場合がある。

戦闘はラウンド制となっているが、彼我の選択によって、必ず最終ラウンドまで行われる「遭遇戦」と、彼我の艦隊速度差によって最終ラウンドが変化する「追撃戦」のいずれかが選ばれる。

攻撃隊は通常、空母1隻ごとに編成される。

攻撃方法には降下爆撃(高高度、比較的安全で命中率も高いが軽爆撃機しか行えない)、水平爆撃(中高度、爆装が可能なあらゆる機体で可能だが命中率は低く若干危険)、航空雷撃(威力は高いが非常に危険)が有る。

敵飛行場もしくは索敵済み艦隊に対してのみ、攻撃が可能である。

記事の引用元はここをクリック

空母戦記(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【空母戦記(最新無料動画はここをクリック)】