轟II(PC9801)

【発売日】 1992年9月
【発売元】 ウルフチーム
【開発元】 ウルフチーム
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 PC98 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ウルフチームより1992年に発売された日本のパーソナルコンピュータ用ウォー・シミュレーションゲームであり、『大東亜黙示録 轟』の続編である。

後にシナリオ集が発売された。

大東亜戦争(太平洋戦争)を扱ったターン制のウォー・シミュレーションゲームである。

プレイヤーが操作できるのは大日本帝国側のみであり、連合国側でのプレイはできない。

戦略マップはヘックスで構成され、隣接ヘックス間の距離は実際の300kmほどに相当する。

当時のウルフチームが得意としていたビジュアルシーンや、その高品質なBGMが特徴的であった。

1ヶ月を4週に分けたターン制のシミュレーションゲームである。

毎月初頭には特別に生産開発フェイズが存在する。

戦略マップに含まれる地域は、西はインドから東はハワイまで。

ソ連はゲーム開始時には中立であるが、条件が揃うと参戦する。

航空機は1個中隊規模(9機)を1ステップ、駆逐艦や輸送船などは数隻をまとめて1部隊とし、それを最小単位として運用される。

『太平洋戦記』や『 太平洋の嵐』シリーズと異なり、大きな数字を細かく設定する必要が無いため、比較的操作が簡単ではあるが、少々の慣れが必要である。

戦略資源の輸送は自動で処理され、この点は『提督の決断シリーズ』と同様である。

種類も生産力(工業力に相当)、資源、燃料の3種類しか存在しない。

戦闘も単純化されており、戦場に部隊を送り込んだ後は自動的に進行する。

1艦種8隻、最大24隻で構成される。

空母には錬度6以上の航空隊のみを3機種まで搭載可能。

航空隊を多数配備していると、索敵範囲が広がる可能性がある。

各艦隊は毎ターン一律7ヘックス移動可能であるが、速度の高い艦船のみで編成された艦隊は、追加で最大3ヘクスの「高速移動」が可能となる。

通常の移動中に敵拠点等(ブラインド範囲に潜む機動部隊からの奇襲含む)の哨戒範囲にさしかかると航空攻撃を受ける可能性があるが、高速移動中はそれを受けずに、敵拠点等に近接し先制攻撃を仕掛けることが可能である。

また、個々の艦船は補給力を持ち、艦隊には所属艦の補給力の合計をパラメータとして持つ。

艦隊が陸上部隊にスタックすることにより、陸上部隊に補給を行う(補給値を上昇させる)ことができる。

戦艦や輸送艦が多くの補給力を持つ。

なお、艦隊は燃料が尽きた時点で全滅する。

1航空隊は実際の9機程度に相当し、拠点か空母に所属する。

搭乗員練度は9段階に分れ、錬度9が最高錬度。

拠点には6種類まで、空母には3種類まで配備可能である。

各国と講和条約を成立させることで、戦争を終結させる必要がある。

各国の状況は講和達成度として示され、ある程度の値を上回ると講和交渉が行え、値が徐々に向上していく。

100%になると講和となり、その国はゲームから脱落する。

記事の引用元はここをクリック

轟II(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【轟II(最新無料動画はここをクリック)】