天下御免(PC9801)

【発売日】 1994年4月
【発売元】 アートディンク
【開発元】 アートディンク
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 天下御免 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アートディンクが1994年4月にパーソナルコンピュータ向けに発売したシミュレーションゲーム。

1999年12月にはWindows95に移植されている。

元禄時代に生きる商人の人生をシミュレートするという、それまでにない斬新で挑戦的なジャンルであったことなどから、一定のファンを獲得したもののシリーズ化には至らず、同様のジャンルの作品が開発されることもなかった。

プレイヤーは10種ある問屋(染物問屋、材木問屋など)から1つを選ぶ。

ライバルの問屋と競争し、御店(おたな)を大きくし、シェアを可能な限り独占することが目標だが、特に設定されたゴールはない。

スタート時に20代の主人公が死去するとゲームは終了となる。

舞台は元禄時代の江戸。

自分の御店以外には港(船頭に商品買い付けの指示を出せる)、お寺(富くじの購入や突発的なイベントなどが起こる)などごく限られた場所にしか移動できない。

プレイヤーはその限られた場所で商売をし、当時の世相、文化を反映したイベントをこなすことになる。

たとえば、幕府の役人に賄賂を届けて便宜を図ってもらったり、盗賊に備えたり、ライバルを暗殺したりするため用心棒を雇う(用心棒として赤穂事件に拘わる事になる堀部安兵衛を雇うと、討入り前に去るイベントがある)、問屋仲間との会合、定期的にやってくる岡っ引きに袖の下を渡す、抜け荷(密貿易)で西洋のものを仕入れて大儲けする、遊郭に通って遊女と親しくなる、親しくなった遊女を妾として囲ったり妻にしたりする、などである。

犯罪が露見すると遠島になったり、処刑されたりする。

死に際に一言周囲の言葉を聞くことができる(行動によっては「妾の出る幕じゃない」など、つまらないセリフで送られることになる)。

ゲームは商売の成功よりも人間関係に重点が置かれており、プレイヤーが死去した後に、それまでに関わった人々と閻魔大王の前で対面し、生前関わった人々から極楽に行くか、地獄に行くか投票を受けることになる。

善行を行っていると極楽行きに票が集まり、悪事を重ねれば地獄行きに票が集まるのだが、自らの非行を理由に極楽行きに投票する者もいれば逆恨みで地獄行きに投票してくる者もいる。

商売人の人生をシミュレートするゲームなのだが、この手のゲームには珍しく主人公として商売に干渉できる範囲が非常に限られているという特異なシステムになっている。

記事の引用元はここをクリック

天下御免(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【天下御免(最新無料動画はここをクリック)】