藤堂龍之介 探偵日記 黄金の羅針盤 翔洋丸桑港航路殺人事件(PC9801)

【発売日】 1990年
【発売元】 リバーヒルソフト
【開発元】 リバーヒルソフト
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”黄金の羅針盤” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年からリバーヒルソフトよりPC用ゲームソフトとして発売されたアドベンチャーゲームシリーズである。

「1920シリーズ」として発売されたシリーズ第2弾である。

大正時代を舞台に、架空の私立探偵・藤堂龍之介を主人公として展開する推理ゲームである。

ゲームの形式はマップ移動式のアドベンチャーゲームで、プレーヤーは邸宅や客船などの閉鎖された舞台の中を藤堂龍之介の視点で移動し、関係者と対話したり証拠品を捜索したりしながら、犯人や事件の真相を解き明かしていく。

舞台設定やキャラクターの会話に、大正時代の風俗や世相が強く意識されていることが大きな特徴である。

本作品ではシリーズ当初から現在に至るまで、ゲームのあちこちで調べる「コマンド総当たり」式である。

記事の引用元はここをクリック

藤堂龍之介 探偵日記 黄金の羅針盤 翔洋丸桑港航路殺人事件(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【藤堂龍之介 探偵日記 黄金の羅針盤 翔洋丸桑港航路殺人事件(最新無料動画はここをクリック)】