なぞぷよ(PC9801)

【発売日】 1993年
【発売元】 コンパイル
【開発元】 コンパイル
【ジャンル】 落ち物パズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”なぞぷよ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

落ち物パズルゲーム『ぷよぷよ』のゲームモードの一つ、または単独のゲームシリーズ。

「なぞぷよ」は『ぷよぷよ』の詰め将棋とも言えるモードである。

「○連鎖すべし」、「○匹のぷよ同時に消すべし」、「○色のぷよを全て消すべし」といった問題が与えられ、予めフィールドに置かれたぷよぷよと指定された組ぷよでこれを達成するようにぷよぷよを組み上げて消すのが目的である。

もともとは「MISSION」や「なぞなぞぷよぷよ」などの名前で収録された『ぷよぷよ』のゲームモードの1つという扱いであったが、その後『なぞぷよ』として単独で独立させた作品が数作発売された。

通常の『ぷよぷよ』とは異なり、『なぞぷよ』ではほとんどの問題において最初からフィールドにぷよぷよが配置されている。

また、初期配置のぷよの中には空中に浮かんでいるものもあり、この場合は一手目を設置した直後に全てのぷよが重力に従って落下する。

一部の問題ではこれを利用し、ぷよで文字や絵を表現しているものもある。

また、作品によっては、通常の『ぷよぷよ』には登場しない障害物として新たに追加されており、それらも駆使して問題を解いていく。

PC-98版『なぞぷよ』(単品)やBOOKタイプ『ディスクステーション』Vol.5以降に収録の「なぞぷよ」は、PC-98版『ぷよぷよ』に収録されていた「なぞなぞぷよぷよ」のシステムを流用しているため、ルール自体は最初期に準じるが、『アルルのルー』の発売後ということもあってか、「最短手数」という表示が加わっている。

これはただの目安でしかなく、最短手数をオーバーしてもクリア自体は可能(ただし、色数が限られて実質クリア不可能となる場合もある)。

記事の引用元はここをクリック

なぞぷよ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【なぞぷよ(最新無料動画はここをクリック)】