ハイドライド(PC9801)

【発売日】 1985年9月
【発売元】 T&E SOFT
【開発元】 T&E SOFT
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

【中古】ファミコンソフト ハイドライドスペシャル (箱説あり)

【中古】ファミコンソフト ハイドライドスペシャル (箱説あり)
950 円 (税込)
発売日 1986/03/18 メーカー 東芝EMI 型番 TFS-HS JAN 4988006000483 関連商品はこちらから ハイドライド  東芝EMI 

【中古】ファミコンソフト ハイドライド3 (箱説あり)

【中古】ファミコンソフト ハイドライド3 (箱説あり)
1,500 円 (税込)
発売日 1989/02/17 メーカー ナムコ 型番 - JAN 4907892000537 関連商品はこちらから ハイドライド  ナムコ 

【中古】Windows95/98 CDソフト ハイドライド3 Gold Pack

【中古】Windows95/98 CDソフト ハイドライド3 Gold Pack
5,470 円 (税込)
発売日 1999/11/26 メーカー T&E SOFT 型番 - JAN 4988604031421 備考 Windows(ウインドウズ)用ソフト 関連商品はこちらから ハイドライド  T&E SOFT 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

本作はT&E SOFTの内藤時浩氏が『ザ・ブラックオニキス』(84年、BPS)と『ドルアーガの塔』(84年、ナムコ)をヒントにして創り上げた作品である。

同時期のパソコンゲームを代表する大ヒット作となり、またアクションRPGの先駆けとなった。

シンプルなトップビューのアクションRPG。

ゲームとしては最低限の要素で構成されている。

ややアクションゲーム寄りだが、それだけに感覚的にプレイできた。

当時RPGはアクションRPGという名称さえないほどの未開拓な新ジャンルであり、変わりに『アクティブRPG』を名乗っていた。

今から見ると、不親切な面も多い。

トップビューの2DアクションRPG。

魔法もなく、攻撃は体当たり。

システムは取っ付き易いシンプルさ。

自分も敵も正面のみ攻撃力を持つ。

このため、いかに敵の側面や背後を攻撃するかが勝つコツ。

体力はしばらく動かなければ回復していくお手軽設計。

画面として特徴的なのがスクロールしない点。

MAPは5×5のエリアで構成されていて、隣のエリアに侵入してはじめて画面が切り替わる。

またモンスターはエリアを越えて追ってこないため逃げにも使えるが、移動先が見えないため待ち構えていた強敵と衝突して瞬殺される場合も。

本作には一般のRPGには当然ある町が全くない。

さらに話を聞けるようなキャラクターもいない。

ノーヒントで解く事になる。

お金の概念はない。

装備の種類も全くない訳ではないが、一般のRPGに比べるとないも同然。

ややアクションゲーム寄り要素の一つ。

レベル上限が低いため、終盤になるまえに最高レベルになってしまう。

もっとも最高レベルになっても、ボスクラスには力不足。

プレイに少々工夫が必要になる。

これもアクションゲーム寄りな面。

それまでのRPGはウィザードリィやウルティマ系統の比較的難易度の高いものばかりで、マニュアルを熟知し、マッピング等攻略のための紙と鉛筆を用意してプレイする。

それがRPGのプレイスタイルだった。

だが、本作にはそんな前準備が必要なく、アクションゲームのように触ってすぐ感覚的にプレイできた。

当時としてはまさに新感覚のRPGだった。

アクションRPGという形態を作り上げた作品。

それまでもアクション要素を持つRPGはあったものの、本格的なアクションRPGは本作から。

そのとっつきやすさと感覚的にプレイできる点は、新たな面白さを見せた。

ただ一方で本作自体の攻略はやや難しいものがあった。

ノーヒントでの攻略は、今の感覚からすれば文句がいくつも出るだろう。

だが当時のRPGとは難しいのが当然であり、またゲーム性として自ら探索するという面もあったのだ。

記事の引用元はここをクリック

ハイドライド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ハイドライド(最新無料動画はここをクリック)】