マスターオブモンスターズ2(PC9801)

【発売日】 1991年3月
【発売元】 システムソフト
【開発元】 システムソフト
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

★リアルタイムな人気ランキングを確認!★

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

【中古】【表紙説明書なし】[PS]マスモンKIDS 〜The Another World Of The Master Of Monsters〜(19980625)

【中古】【表紙説明書なし】[PS]マスモンKIDS 〜The Another World Of The Master Of Monsters〜(19980625)
104 円 (税込)
■タイトル:マスモンKIDS 〜The Another World Of The Master Of Monsters〜■機種:プレイステーションソフト(PlayStationGame)■発売日:1998/06/25■メーカー品番:SLPS-01426■JAN/EAN:4988006592995■メーカー:東芝イーエムアイ■ジャンル:シミュレーション■コメント:★必ずご確認..

【中古】 真・マスターオブモンスターズ Final EX 〜無垢なる嘆き、天冥の災禍〜 /PSP 【中古】afb

【中古】 真・マスターオブモンスターズ Final EX 〜無垢なる嘆き、天冥の災禍〜 /PSP 【中古】afb
1,408 円 (税込)
PSP販売会社/発売会社:システムソフト・アルファー発売年月日:2010/08/19JAN:4562106780362機種:PSP北欧神話をベースとした剣と魔法のファンタジーがPSPに登場!神話の舞台となるユグドラシルの4つの世界で冒険を繰り広げる。戦闘はいわゆるウォーシミュレーション形式..

【中古】研磨済 追跡可 送料無料 PS マスターオブモンスターズ

【中古】研磨済 追跡可 送料無料 PS マスターオブモンスターズ
650 円 (税込) 送料込
機種:プレイステーション サイズ:2 状態:中古 商品状態:無印 タイトル:マスターオブモンスターズ ジャンル:シミュレーション サブ属性:東芝EMI ●●ディスク読み込み面は全商品業務用研磨機にて、研磨・クリーニング済みです!●●
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

システムソフト(現 システムソフト・アルファー)より1991年に発売された日本のパーソナルコンピュータ、PC-9801用ウォー・シミュレーションゲーム、『マスターオブモンスターズ』の続編である。

後にシナリオ集が発売された。

前作のシステムをほぼ受け継いでいる。

シングルゲームが廃止され、5本のキャンペーンゲームが主体となっている。

本作ではマスターも成長し、様々な大魔法を修得していくようになった。

大魔法はマスターのInt(知力)を用いて使用する方法へと変更された。

そのため、前作では1ターンに1回しか使用できなかった大魔法だが、本作ではIntが続く限り大魔法を使用することが出来る(後述のInt回復アイテムを使用すればさらに使用することが出来る)。

なお、前作に存在した1ターン1回の精霊攻撃は廃止された。

モンスターの攻撃方法に、従来の格闘、投射に加えて魔法が追加されている。

それに伴いMPが設定された。

MPは前作のHPと同様に、塔に入ることで回復する。

塔によるMPの回復量はランダムで5-10の値をとる。

ゲーム開始の流れはまず遊ぶキャンペーンを選択し、次に自陣営の色を選択する。

基本的に手番の早い青陣営が有利だが、マップの構造によって難易度は大きく左右される。

そしてプレイヤーの分身となるマスターをウォーロック、サモナー、ネクロマンサーの3人の中から選択する。

マップが始まると最初に、自国もしくは中立の塔にマスターを配置することとなる。

敵マスター2人も自国が配置した後に同じ条件で配置される。

初期配置によっては2ターンで敵マスター1人を滅ぼすことが可能。

本作ではマスターの移動力が全般的に向上したこと、塔、城郭以外も移動可能になったこと、ターン制限なども相まって、前作より接近戦が発生しやすく、ゲーム展開はややスピーディーになっている。

また、前作で青、赤、緑、黄だった陣営が青、赤、黄の3陣営までとなっており、緑陣営は離反した中立モンスターの陣営として処理される。

フェイズの巡る順番は青、赤、黄、緑(中立軍)となった。

モンスターは前作とは違い、複数回のレベルアップを経て進化するように変更になっている。

レベルアップのたびに各種パラメータが加算されていき、進化の際には進化後のモンスターの基本パラメータと現在のパラメータが比較され、より値の大きい方が継承されるが、最大MPのみは強制的に進化後の基本MPが適用されるため、進化直後は進化前より最大MPが減少していることが多い。

また、レベルアップのたびにモンスターのHP/MPは完全に回復する。

前作では塔の支配数がモンスターの召喚可能数に直結していたが、本作では塔・要塞・城を支配する事で、「支配力」を得る事ができ、建物の支配力とマスターのIntを合計した値が実際の支配力となる。

マスターのIntは大魔法を使用するたびに減少するので、支配を維持可能と思われる限界近くまでモンスターを召喚するか、大魔法の余力を残しておくのかは、プレイヤーの裁量次第となる。

なお、消費されたマスターのIntは塔に居ることで次のターンに満タンまで回復する。

要塞と城とでは回復しない。

支配力を超えてモンスターを支配しようとすると、モンスターを支配しきれなくなり、離脱して中立陣営として勝手に行動することになる。

支配力に少々の余裕がある時もIntの高いモンスターはランダムで離脱することがある。

記事の引用元はここをクリック

★『ねんどろいど』の最新商品!★

マスターオブモンスターズ2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マスターオブモンスターズ2(最新無料動画はここをクリック)】