ロマンシア(PC9801)

【発売日】 1986年10月18日
【発売元】 日本ファルコム
【開発元】 日本ファルコム
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 ロマンシア ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年に日本ファルコムが発売したパソコンゲーム。

木屋善夫プロデュース『ドラゴンスレイヤーシリーズ』の第3作目であり、サイドビュー方式のアクションアドベンチャーゲーム。

サブタイトルは『ドラゴンスレイヤーJr.』と表記されており、最初期の雑誌広告に「『ドラゴンスレイヤー』シリーズ第3弾」と表記されたことを除いて、『ドラゴンスレイヤーIII』であることは、あまり強調されていなかった。

グラフィック・プログラム・サウンド全部合わせて1ロードの64キロバイトで作られておりゲーム中には1度もディスクへのアクセスが無い。

本作は「Jr.」と名乗りながら、難易度は非常に高い。

パッケージには「こんなのアリか!?」と記され、途中でのセーブも不可能、一度でも間違えると最初からやり直さねばならない罠や、まったくヒントのない謎がある。

当時の雑誌広告のキャッチコピーは、「かわいさ余って、難しさ100%」である。

元々は実験作でありメインタイトルとする予定は無かったが、フルカラーの横スクロールという基礎部分を折角だからと拡張し、ゲームに仕立てたものが本作である。

パッケージにはニュータイプアドベンチャーゲームと表記されている。

基本的には謎解きゲームであり、「アクションアドベンチャーゲーム」に当たる。

記事の引用元はここをクリック

ロマンシア(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ロマンシア(最新無料動画はここをクリック)】